ホーム  >  金融財産の計画的贈与





      生前贈与でも贈与税・相続税がかかります。
      ここでは、贈与税が非課税になる特例等をご紹介します。

      生前に計画的に贈与をし、早めの税金対策をしましょう。
      ※別途細則があり、各条件により贈与税が課税される場合があります。
      ※適用条件は十分にご確認ください。


    
 年間110万円(基礎控除分)まで贈与税が課税されない 

      例えば、110万円を10年贈与すると、合計1,100万円を非課税で贈与できます。


      親子(孫)間贈与 2,500万円まで一旦非課税(相続時精算課税制度)
   
      相続発生時に課税されます。


      
自宅建築の資金 3,000万円まで非課税(住宅取得等資金の特例)

      ■主な適用条件■
      (住宅の取得等の場合)
       ・床面積が50㎡以上
       ・経過年数が新築または築年数が20年以内であること
       ※一定の耐火建築物の場合は25年以内でも可能
       ※新耐震基準を満たす中古住宅には、経過年数要件はない
  
      (住宅の増改築)
       ・増改築後50㎡以上であること
       ・工事費用が100万円以上であること



      教育資金 1,500万円まで非課税(教育資金の一括贈与の特例)
    
              教育資金に充てるためのもの。

      贈与者の年齢制限はないが、贈与者に係る30歳未満の直径卑属(子や孫)が対象となる。



      結婚20年以上の夫婦で自宅の贈与 2,000万円まで非課税(贈与税の配偶者控除)
          

      結婚・子育て資金の一括贈与 1,000万円まで非課税

        結婚・子育て資金に充てるためのもの。
      贈与者には年齢制限はないが、贈与者に係る20歳以上50歳未満の直径卑属(子や孫)が
      対象となる。



      障害者への贈与 6,000万円まで非課税

    
        ▼お問い合わせはこちら
           

                 

                                 ▼査定依頼はこちら
           



ページトップへ