ホーム  >  ケーススタディ3

資金余裕度が高い人に向くローン


中古マンションを購入予定。子どもはいないので、夫婦2人の収入を合わせると、繰り上げ返済
をする余裕も十分にあり、より短い期間で関西したいと考えている。
どのような住宅ローンが
合っているのか知りたい。

 
相談者に合った住宅ローンはどんなタイプ?

〇今の収入を維持できる


Cさん夫妻に子どもをもうける予定はなく、今後も共働きで今の収入を維持することが条件である。

〇住宅ローン返済が始まってもじゅうぶんに貯蓄が可能


資金余裕度が比較的高く、将来の金利上昇に対しても繰り上げ返済などで対応する力があると判断できる。
コンサルティング
頭金が20%準備できており、返済負担率なども問題なく、幅広い選択肢から住宅ローンを選ぶ
ことができる。
住宅ローンと並行して、毎年まとまった預貯金ができ、資金余裕度も高いので、金利上昇時にも対応できる。そのため、途中で金利が変動するタイプも選択肢となる。
おすすめ住宅ローン

ページトップへ