ホーム  >  親子ペアローン




親子ペアローンの場合(親子それぞれが住宅ローンを組む)

定年が近いFさんの父親は、返済期間10年程度を目途に10年固定金利期間選択型の住宅ローンを利用することとし、将来の教育費負担が心配なFさんは、少なくとも10年は金利が固定される10年固定金利期間選択型を利用する。
金融機関の債権保全の関係上、親子とも々金融機関での借り入れとなる。
下記の例のようにFさん親子が無理なく返済するためには、借入金額2,500万円のうち、父親は700万円の借り入れで毎月6.3万円を10年で完済できる予定に、Fさんは1,800万円の借り入れ、30年返済で当初10年間は毎月6.4万円というプランが考えられる。
これによって、仮に10年経過後に金利が上昇しても親の分は完済できており、Dさんの借り入れ残高は約1,304万円に減っているので、金利上昇リスクをある程度は抑えることができる。



借入額:2,500万円   親子とも10年固定の場合
①父親は700万円を10年固定1.8%で10年借り入れ
②子(Fさん)は1,800万円を10年固定1.8%で30年借り入れ

ページトップへ