ホーム  >  ローン返済相談:離婚の時の住宅ローン返済


 ■ローン返済相談:離婚の時の住宅ローン返済


  

 離婚 ――――― 1度や2度、脳裏をかすめた経験がある方も多いのではないでしょうか。
 離婚となった場合、結婚後に築いた資産を財産分与という形で分けることになります。
 特に自宅の住宅ローン残債がある状況で離婚した場合、慎重に進めていきましょう。

 収入合算などで住宅ローンを組んだ場合は、自宅と債務が共有名義になっている・
 双方の連帯保証人になっているといったケースなどは、離婚時のトラブルの元となり、
 後々取り返しのつかない事態に陥ってしまうこともあるので、離婚前にきちんと話し合
 う
ことが大切です。

 可能であれば離婚前に自宅を売却し、住宅ローンを完済することは一つの解決案です。

 ただ、住宅ローンの残額が多く、家を売っても全て返せない場合もよくあるケースです。
 そのような場合は、任意売却で解決することが出来ます。

 離婚に伴う住宅ローントラブル
 離婚の際に発生する住宅ローントラブルには、次のようなケースが挙げられます。


 ■妻が専業主婦または収入が低い場合

 返済義務はローン名義者にあり、妻が家に住み続けることになっても、専業主婦の妻など
 は名義変更が難しいため、夫に返済義務が残ります。

 この場合、夫は今までの住宅ローン返済と自分の新たな住まいの家賃支払いをすることに
 なり、
経済的・精神的に、きつい状態になり得ます。
 妻側は、返済が滞り、競売や任売になっては自宅を追い出されてしまうので、離婚時に公
 正証書を作成し、返済が滞った場合、資産を差し押さえるという取り決めを
するケースも
 あります。

 

 ■連帯保証人になっているとき
 住宅ローンを組む時に、夫が債務者、妻が連帯保証人となるケースがあります。
 離婚となると、どちらか一方が家から出ていくことになり、両者で返済義務を負い続けることは
 困難でしょう。連帯保証人を外れたいという希望を持つ人も多いです。
 しかし、離婚しても住宅ローンの連帯保証人から外れることは難しいのが現実です。

 ■財産分与の問題
 離婚の際、夫婦で築いた財産を分けることになります。
 財産には住宅も含まれ、問題は住宅ローンが残っている場合です。
 とくに、住宅の売却額が住宅ローンの残債務を下回る場合、足りない分のお金を準備しなければ、
 売却できません。

 残債務をどう処理するのか等、離婚前にしっかり協議しておく必要があります。
 住宅ローンが返済できないがために、元夫・元妻ともに破産してしまうということも起こり得ます。

  上記のようなトラブルにならないように、
  任意売却という方法についても知っておくと良いでしょう。

 

 ■離婚前に考えたい任意売却
 ◎任意売却は住宅ローンの返済が残っていても住宅を売却することができます。
 ◎売却後のローンの残債について、無理のない範囲へ変更することができ、
  新生活での経済的な負担が軽くできます。
  離婚の際に、ぜひ検討したい方法のひとつです。

  離婚経験者の多くが、離婚は大きなストレスと言います。
  精神的にもつらい時期ですが、お金の問題は放置するほど大きくなってしまいます。
  離婚前に夫婦で話し合い、住宅ローン問題を先送りしないことで
  離婚後のトラブルを減らすることができます。










ページトップへ