ホーム  >  ローン返済相談:投資用不動産のアパートローンが払えない

 
 ■ローン返済相談:投資用不動産のアパートローンが払えない



 資産形成として区分収益や一棟収益を購入された方が、家賃収入が減ってしまいローン返済ができないと
 いったケースがあります。

 アパートローンの多くは、その収益物件から得る家賃収入を原資とした返済計画が立てられています。
 しかし、建物や設備の老朽化やサブリースの終了などにより収入が減少し、想定の収入が得られないと苦
 しくなってきます。


 ---- 具体的なローン相談 ---------------------------------------------------------------------

 ■投資用ワンルームマンションを購入。家賃でローンを払うつもりが空室が続く。

  ワンルームマンションを投資用に購入。

  管理費や修繕積立金の支払いに加え、家賃をあてにしてローンを組んでいたので、ローンの支払いが滞っ
  てしまいました。

  ⇒売却しても残ってしまうローンは自己資金で返済するか、債権者の了承を得たうえでローン残高より安い
  価格でマンションを売却する、任意売却を行う必要があります。

  特に新築は価格の下落が大きく、下落スピードも早いので注意が必要です。


 ■現状回復や修繕ができない。
  手持ちのお金がないため、現状回復や修繕ができません。

  ⇒収益不動産は現状回復工事ができないと新たな入居者が決まらず、家賃収入が得られません。また、必要な
  営繕・修繕をしないでいると、退去に繋がります。

  このような状況に陥ってしまった場合、新たにローンを組んで必要な投資を行うか、ローンが組めないので
  あれば売却するというケースがほとんどです。

  所有する収益不動産を売却してもローンを完済できないという相談も多いです。

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------



  



 収益物件は資産を増やすために購入された方が大半です。
 しかし、売り時を迷っているうちにどんどんお金が減っていってしまうことも。
 家賃収入よりもローン返済が多い場合、家賃以外の収入から返済をすることになり、必要以上に資産を失う
 ことになってしまいます。

 現状回復ができていれば得ていたはずの家賃収入や、支払ったローン金利は戻ってきません。修繕が遅れた
 ことによる建物のさらなる損傷には、より多くの修繕費用がかかってしまいます。
 
 必要以上に資産を失わないためにも、
 1,家賃収入の減少、2,大規模修繕、3,入居者の退去、の3つのタイミングで、収益物件を所有し
 続けるのか、売却するのかの判断をしましょう。








ページトップへ