ホーム  >  優遇税制にはどんなものがある?


                                                 
   優遇税制にはどんなものがある?
  
   購入した際に使える軽減税率をご紹介します。

     
      いくつかの優遇税制がありますが、今回は2つご紹介いたします。
       1.不動産取得税の軽減住宅を購入した際に課税される税金が要件を満たせば軽減されます。
      床面積50m2以上(共用面積の持分面積を含む)、築25年以内などの一定要件がございます。
      一般住宅の場合は、最大1.200万円控除されます。

     2.登録免許税の軽減所有権や抵当権を法務局で登記する時にかかる税金です。
      登記簿上の床面積50m2以上、築25年以内などの一定条件を満たせば、所有権移転登記が0.3%、
      所有権保存登記が0.1%に税率が引き下げられます。他にも物件によって適用される優遇税制も
      ございますので、お気軽にご質問頂ければと思います。









ページトップへ