ホーム  >  買い替え用のローンって、どんなもの?


                                                 
   買い替え用のローンって、どんなもの?
  
   住宅ローンの残債額と売却価格の差額分もまとめて借りることのできる
    住宅ローンです。

     
      住宅ローンの残債額と売却価格の差額分を現在の貯蓄から支払えない場合、この差額分も含めて多めに借りる
     という方法が考えられます。その際に利用できるのが、「買い替えローン」です。通常の住宅ローンは、購入
     住宅の担保価値の範囲内での融資が基本ですが、「買い替えローン」は、買い替え物件の担保価値の1.5倍、
      2倍といった水準までの融資を可能としています。そのため、売却価格が住宅ローン残高を下回る場合におい
     ても、借入れが可能となり、資金面で余力が持てることが「買い替えローン」のメリットです。
     お申し込みには一定の審査や諸条件が必要となりますが、最初から無理とあきらめずに是非お問い合わせください。










ページトップへ