ホーム  >  資産の組み換え




現在手持ちの不動産や金融資産を見直し、別の形へ組み合わせることをいいます。

以下のような不動産をお持ちの場合は、資産の組み換えを検討してみましょう。
 ■市場価格より相続税評価額が高い物件
 ■利用価値が低い土地
 ■老朽化や空室が目立つ賃貸アパート
 ■郊外で敷地が広すぎる自宅
 ■空家

「収益性が低い」「市場価格が低い」「売却しにくい」「維持や処分のコストが高い」
などの難点を
もっている不動産とされる一方、相続税評価額は高くなり、相続発生時、
相続人を困らせる
「不利な資産」となってしまいます。

今後、人口減少するような地域では、さらに資産価値が下がるでしょう。

「不利な不動産」は、早めに売却し、「資産組み換え」により収益を確保しつつ相続
対策上も
有益な優良不動産を得ましょう。

ページトップへ