ホーム  >  亡くなった人の確定申告は必要ですか?



亡くなった人の確定申告は必要ですか?

 Q 亡くなった人の確定申告(準確定申告)はお済ですか?

 準確定申告とは、死亡した人の確定申告のことです。準備定申告が必要な場合には、相続人が1月1日から
 死亡の日までの所得を計算して死亡後4ヶ月以内に申告・納税しなければいけません。

 

 具体的には、亡くなった人に以下の所得があった場合に確定申告が必要になります。

 〇2ヶ所以上から給与を受けていた場合。

 〇給与収入が2,000万円を超えていた場合。

 〇給与所得や退職所得以外の所得が合計で20万円以上あった場合。

 〇同族会社の役員や親戚などで、給与の他に貸付金の利子、家賃などを受取っていた場合。

 〇医療費控除の対象となる高額の医療費を支払っていた場合。

 

 ※相続人が2人以上いる場合には、各相続人が連署して申告書を提出します。

ページトップへ