ホーム  >  自営業の父が、多額の借金を残して亡くなりました。



Q 自営業の父が、多額の借金を残して亡くなりました。

 相続遺産を受け取る選択肢には以下の3つの方法があります。

 

 1,単純認定

 相続開始後、そのままプラス・マイナスすべての財産を承継することです。

 相続の開始があったことを知ってから3ヶ月間何もしない場合か、相続財産を少しでも処分した場合は、
 単純承認したものとみなされます。

 

 2,限定承認

 債務超過かどうか微妙な場合には「限定承認」という法的手続きをします。これにより、プラスの財産を
 限度にマイナスの財産を継承します。

 限定承認は、相続の開始があったことを知った日から3ヶ月以内に想像人全員で家庭裁判所に申請しなけ
 ればなりません。

 

 限定承認の手続き

 ①申述人

  相続人全員が共同して行う必要があります。

 ②申述期間

  相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内に申述しなければなりません。

 ③申述先

  被相続人の最後の住所地の家庭裁判所

 ④必要な書類

 ・限定承認の申述書

 ・被相続人の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

 ・被相続人の住民票又は戸籍付票

 ・申述人全員の戸籍謄本

 

 3,相続放棄

 「親が多額の借金をして亡くなった」など、財産よりも債務の方が多い債務超過の場合には、亡くなった
 人の死亡時の住所地の家庭裁判所に「相続放棄」申述書を提出し、申請が受理されると借金を相続しない
 で済みます。相続人が複数いる場合には、相続人毎に手続きが可能です。

 

 相続放棄で相続人を代える

   例えば、父親は既に亡くなっていて、母親を独身の長男と二男(子供2人)のときに、長男が遺産を2.000万
 円残して亡くなった場合、相続人は母親だけになってしまいます。

   母親が相続し二男に遺産を渡すと贈与になってしまいますが、母親が相続放棄すると二男が相続人になり、
 直接遺産を受け取ることができます(相続税の対象となる)。

ページトップへ