ホーム  >  ケーススタディ5

短期間(10年程度)で返済する人のローン~年配者の場合~


家を建て替えたいが、定年までに10年しかない。一部は退職金で返済しようと思っている。住宅ローンはどんな組み方、返し方がいいか相談したい。

 
相談者に合った住宅ローンはどんなタイプ?

 
〇短期間(10年以内)での返済が条件である

Eさんは定年までとなる60歳までの返済を希望しておるので、それを絶対条件として退職金が出ることも踏まえたプランを検討する。

〇金利タイプは幅広く視野に入れる

繰り上げ返済はするものの、10年で返済を終えることを考えると、短期の固定金利期間選択型のリスクもさほど大きくないので、全期間固定金利型のみならず幅広い金利タイプの選択ができる。
10年間返済した後、残金については貯蓄や退職金で一括返済する予定なので、金利上昇リスクがあるのは10年だけである。このことから10年固定のほか5年固定も候補にあげられる。

コンサルティング
相談者は定年までの10年で返済したいと考えている。定年後の年間貯蓄額にも配慮して検討する必要がある。
短期の固定金利期間選択型の他に全期間固定金利型のフラット35も選択肢になる。
退職金で一括繰り上げ返済すると手元資金が減ってしまうので繰り上げ返済をせず、退職金を取り崩して月々の返済にあてる方法もある。
おすすめ住宅ローン

ページトップへ