ホーム  >  遺産分割


遺産分割対策

    相続争いを防ぎたい!
    遺産分割対策に有効な3つの方法。
           

    この記事を読めば「これがわかる!」

     遺産分割対策に有効な方法  その①
       
事前に誰に何を与えるか決める『遺言』 

     遺産分割対策に有効な方法  その②
       
    先に贈与する『生前贈与』

              遺産分割対策に有効な方法  その③
 
          『不動産の現金化・資産の組み換え』

 

       相続対策というと、税金対策というイメージがある方も多いと思いますが、
       その前段階として

       『誰に何をどのくらい相続するか』
       遺産分割についての事前対策をすることも、とても重要です。

       相続は争続といわれるほど、兄弟姉妹など相続人同士で争いが起こり、
       その後の関係にまでヒビがはいることもあります。

       それを防ぐためにも、生前から対策を行いましょう。


       1.誰にどのように財産を分け与えるかをあらかじめ決める 【遺言】

      

         遺言は被相続人の死亡後、相続財産の分け方について親族間の紛争を避けるためにも
         重要となってきます。

         遺言を作成することで被相続人の意志を明確にできます。遺言作成者が死亡したとき、
         だれにどのように財産を分け与えるか、というように財産分割の方法を具体的に指定
         することができます。

         誰に何をいくら与えるか、相続される人が生前に自分の意志で決めて、遺言書に記録
         します。

         たとえば、配偶者と子供1人がいるとしたら、配偶者には自宅の建物と土地を、子供に
         は現金1,000万円をなどと記します。

         ただし、遺言には書式が定められており、必要事項を記入していないと無効になるお
         それもありますのでご注意ください。

         トラブルを防ぐためには、専門家にお願いするのも良いでしょう。

         ▼【関連情報】
         遺言書の種類と書き方
         


         2.先に贈与する 【生前贈与】
       
      
 

         遺言は被相続人の死亡したときに実行されます。

         もし、死亡前であって誰に何をいくら与えたいのか明確になっているのであれば、
         被相続人が生きているうちに先に贈与しておくと確実』です。

         生前贈与は、被相続人本人が自ら与えるので、本人の思い通りに確実に財産を分割
         することができます。

         贈与してしまえば、もはや被相続人の財産ではありませんので、相続税の節税にも
         つながります。

         ただし、あまりにも不公平な生前贈与を行うと、親族間のトラブルに発展すること
         もありますので、よく考えながら行うが良いでしょう。

         

         ▼【関連情報】 
         生前贈与の方法とメリット・デメリット



         3.「さくら」では、分割の難しい不動産のご相談を承ります。

      


         マンションや土地など、どうしても分割するのが難しい場合や価値が変動する不動産は、

         売却や買取によって現金化したり、その売却した現金で資産性の高い不動産を購入する
         方法があります。


         <不動産の現金化>

         不動産の売却方法は、 ①買取 ②仲介 があります。
         ご都合にあった方法を選んでください。

         

         ▼【関連情報】 
         買取と仲介の違い
         買取・仲介、どちらがいいの?簡単診断


         

         <資産の組み換え>
         現在手持ちの不動産や金融資産を見直し、別の形へ組み合わせることをいいます。
         以下のような不動産をお持ちの場合は、資産の組み換えを検討してみましょう。

          ■市場価格より相続税評価額が高い物件
          ■利用価値が低い土地
          ■老朽化や空室が目立つ賃貸アパート
          ■郊外で敷地が広すぎる自宅
          ■空家

         「収益性が低い」「市場価格が低い」「売却しにくい」「維持や処分のコストが高い」
         などの難点をもっている不動産とされる一方、相続税評価額は高くなり、相続発生時、
         相続人を困らせる「お荷物資産」となってしまいます。

         今後、人口減少するような地域では、さらに資産価値が下がるでしょう。
         「お荷物不動産」は、早めに売却し、「資産組み替え」により、収益を確保しつつ
         相続対策上に有益な優良不動産を得ましょう。

         まずは不動産を査定することからはじめましょう。


         ↓お問い合わせはこちら
         




                          ↓査定依頼はこちら
                         
            

ページトップへ